故人を偲び、心を込めた葬儀を執り行うために、葬儀に関する情報やお勧めの葬儀社のご紹介をしています。

心を込めた葬儀を執り行うために
心を込めた葬儀を執り行うために TOP

心を込めた葬儀を執り行うために TOP

お葬式と葬儀、あるいは告別式について、それぞれどこが違うのか、ご存知でしょうか?
 
葬儀とは、故人を彼岸へ送るための儀式をいいます。
ですから仏式の葬儀であれば、亡くなった人の霊魂を鎮め、成仏していただくために、お坊さんに来ていただいて経を唱えてもらうことを指します。
そして本来、葬儀は、お坊さんを除けば、故人の遺族とごく少数の近親者のみで営むものとされています。

これに対して、告別式はその字の通りに「故人に別れを告げる儀式」のことです。故人が生前に交流のあった友人や地域住民の人たち、そして会社関係の方など、親しく交際していた方などが参列して、お別れを行うものです。

明治時代までは、葬儀のみを行うという形式が一般的だったようです。が、現在では葬儀と告別式を一体化して行うようになり、これをまとめてお葬式と呼ぶようになったのです。

厳密に言えば、葬儀の場でお坊さんの読経が始まり、まず遺族、親族にあたる人たちが焼香を済ませます。ここまでが葬儀ということになります。
そしてその後に続く一般参列者の焼香からが告別式になるわけです。が、明確に区切って行っているケースは、現在ではないのではないでしょうか。
 


臨終から行う葬儀の流れ


では、近親者が亡くなった場合には、どのような手順を踏めばよいのでしょうか。
悲しみの最中ですが、実は葬儀を執り行う喪家の方はとても忙しくなるのです。ここでは、一般的な流れをご紹介します。

医師から危篤を宣告されたら、最期の別れをしてもらいたい人に連絡を取ります。基本的には、危篤者が会いたがっている人に連絡すべきでしょう。親戚や職場の方々には通夜・葬儀の日程が決まってから連絡します。

病院で死亡した場合、医師がすぐに死亡診断書を書いてくれます。これを持って役所(市区町村役場)に死亡届を出します。既定では死亡した日から7日以内が提出期限なのですが、死亡届を出さないと埋葬許可証がもらえませんので、実際は葬儀に間に合うように、死亡日の翌日には届け出ましょう。

ご遺体の清めと死化粧が済んだら、納棺までの間、ご遺体を布団かベッドに安置します。その際、いくつかの習わしがあります。

・仏式では「北枕」にしますが、北枕にできない場合には「西枕」にして寝かせます。
・顔に白い布を掛け、両手を胸元で合掌させます。
・数珠を両手に持たせます。
・掛け布団の上には刃物(守り刀)を刃先を足のほうに向けてのせます(現在では袋入りの短い木刀)。
・遺体の頭上には枕飾りを用意します。白木の台か、白い布をかけた小さな机を台とし、その上に三具足(燭台、香炉、花立て)を置き、ロウソク、線香、樒(しきみ)をそれぞれ1本だけ供えます。

喪主を中心にして葬儀・通夜の打ち合わせを行います。葬儀社へ連絡を取り、入念な打ち合わせを行いましょう。菩提寺への連絡も早急に行い、葬儀の日時を決定します。


通夜から葬儀・告別式への流れ


さて、前段階で菩提寺への連絡や打ち合わせが済んでいますから、大まかな流れは葬儀会社に任せておけます(本来は遺族が行うものですが、現在では葬儀社が執り行うケースが多くなりました)。
しかし喪家で最低限しなければならないのは、席次、生花の札順、名前などに間違いがないかを確認することです。
通夜から葬儀、告別式へと、手配や準備、進行などはすべて葬儀社が行ってくれます。
喪家は菩提寺の僧侶へのお布施を忘れないようにしましょう。葬儀のお布施の金額は宗派や地域によって異なります。

葬儀、告別式は、多くの場合、通夜の翌日に行われます。
火葬場へ到着すると、受付で「火葬許可証」を提出します。火葬・お骨上げが終わると火葬許可証が返されますが、これが埋葬許可証となりますので、大切に保管しておきましょう。

ここでは省略しましが、通夜・葬儀に関してはいくつものしきたりや複雑な流れがあります。が、それは宗教・宗派によって大きく異なるものです。
多くの場合、喪家の宗教・宗派を伝えると、葬儀屋がすべてを取り計らってくれますので、きちんとした、信頼のおける葬儀屋を選ぶことが大切です。

このサイトでは、おすすめできる葬儀屋や各宗教・宗派の葬儀について、そして葬儀のマナーなどについてご紹介していきたいと思います。


Topへ

コンテンツ

運営者情報について